左イメージ

求人情報

<我々が求める人>

特許事務所での仕事は、技術担当者(弁理士及び特許技術者)が行うものと、事務担当者が行うものとに分けられます。
技術担当者は、国内外の特許庁に提出する書類の作成及びその補助を行います。その中で高い比率を占めるのが特許明細書の作成業務です。 弊所で扱う技術分野は多岐にわたっており、ハイレベルな最先端技術に関するものも少なくありません。 そのため、技術担当者には、技術を正確かつ迅速に理解する技術的な素養と、理解した発明を適確に表現する文章力が求められます。

右イメージ

また、発明者が提案するものをそのまま文章にするのではなく、それをさらに付加価値の高い発明へと昇華させるためには、 豊かな想像力を持っていることが必要です。
事務担当者は、国内事務と海外事務の2チームに分かれ、それぞれ事務手続き面から技術担当者をサポートします。 日本及び諸外国の知財制度は複雑で、しかも法改正が頻繁に行われます。 事務担当者は最新の法令に基づいて、瑕疵のない事務手続を行うことが求められます。また、多くの手続には法律で定められた期限が伴いますので、 強い責任感と高い注意力を持って業務を慎重に遂行しなければなりません。 さらに、海外事務の担当者はレター、FAX、メールなどで日常的に英語を使いますので、高い英語力を有していることが推奨されます。

<教育体制>

特許事務所が顧客に提供するサービスのレベルは、個人のスキルに依存する割合が非常に高くなります。 そのため、弊所は所員のスキルアップを図るべく所員教育を重要視しています。
弊所では一人前の技術担当者・事務担当者になるまでには長い期間を要します。 そのため、実務未経験者については経験豊富な指導者のもとで充実した指導が受けられる体制を整えています。 また、所内での有志による勉強会、外国弁理士による所内セミナーなどを開催しているほか、外部研修会への参加も積極的に奨励しています。
弁理士試験を受験される方には、試験直前に休暇が取れるように配慮し、資格取得をサポートしています。 弊所には実務未経験者でありながら、弊所に入所後、業務に従事しつつ弁理士試験に合格する者が少なくありません。

<応募される方へ>

実務経験者はもちろん実務未経験者の応募も歓迎します。プロフェッショナルとしてお客様に喜んで頂ける仕事ができるようになるために、 全力で貴方をサポートします。どれだけ経験を積んでも常に新たな知識の習得と技能の向上が必要とされると共に、 習熟するほど大きな達成感が得られるやりがいある仕事です。 そのために超えるべきハードルは決して低くありませんが、自らの道を自らの力で切り開く気概のある方の応募をお待ちしています。

募集要項

職種 1.弁理士・弁理士試験(論文又は口述)合格者 急募!!
2.特許技術者(経験者) 急募!!
3.特許技術者(未経験) 急募!!
4.技術翻訳者
5.外国特許事務員
6.国内特許事務員
7.CADオペレーター
img-index-img03 img-index-img04
応募資格 1.40歳位までの方(経験に応じて優遇)
2.35歳位までの方(経験に応じて優遇)
3.35歳位までの機械、電気、物理、化学又は生物系の専門知識をお持ちの方
4.特許翻訳5年以上の経験者
5.大卒以上で英語の得意な方(目安:英検準1級、TOEIC800点程度)
6.大卒以上の方
7.Auto CAD使用可能な方(イラストレーターも使用できれば尚良し)
img-index-img03 img-index-img04
給与 前職の給与を基本ベースに、経験や年齢を充分に考慮
※弁理士有資格者は、資格手当を別途支給
img-index-img03 img-index-img04
賞与 年2回(7月・12月)
img-index-img03 img-index-img04
勤務地 大阪事務所、東京事務所
img-index-img03 img-index-img04
勤務時間 9:00~17:30(実働:7.75時間)
img-index-img03 img-index-img04
休日 完全週休二日制(土、日、祝日)
年末年始休暇、夏期休暇、有給休暇、慶弔休暇
img-index-img03 img-index-img04
給与更改 年1回(4月)
img-index-img03 img-index-img04
福利厚生 社会保険完備、厚生年金基金、交通費全額支給、定期健康診断あり
img-index-img03 img-index-img04

応募方法

履歴書及び職務経歴書を採用担当までまたは郵送にてお送り下さい。
書類選考後、面接日を連絡します。
応募書類の秘密は厳守致します。
なお、応募書類は原則返却致しませんのでご了承下さい。

このページの上へ
梶須原ロゴ

(C)Copyright:2001- Kaji, Suhara & Associates. All rights reserved